ポケットチーフの素材

ポケットチーフの素材には、綿、麻、絹、ポリエステルが主に使用されています。

また、麻は、使いこむほどに生地が練れて風合いが増します。

以前は、絹や麻が正式とされておりましたが、今は特に問われません。

ポケットチーフ(pocket chife)は、フランス革命後、燕尾服やモーニングコートといった当時のカジュアルウェアが礼装に格上げされるとともに、礼装には欠かせないアイテムとなりました。

その後、スーツファッションが広まり、特にイギリスとイタリアにおいて普段のスーツと合わせて使われるようになり、様々な色や模様のものが登場し、カジュアルとしても使うことの出来るアイテムとなっていきました。